【中卒向け】転職サイトの選び方+おすすめ3選【コツは不安の解消です】

 

中卒だけど転職を考えてる人「今務めてる会社だと昇給する見込みがない…転職を考えているけど、中卒だとやっぱり難しいのかな?中卒のリアルな転職事情と、おススメの転職サイトを教えてほしい!+転職のコツとかも知りたいな

 

この記事ではこんな疑問にこたえます。

 

  • 本記事のテーマ
【中卒むけ】転職サイトの選び方+おすすめ3選【コツは不安の解消です】

 

  • 本記事の内容
  • 中卒におすすめの転職サイト(地域・年齢・職種別)
  • 中卒が転職活動の前に知っておくべきこと
  • 中卒が転職成功するコツ・テクニック

 

  • 本記事の信頼性

現在はITフリーランスとして働いている中卒の僕ですが、半年ほど前は同じくIT企業への転職を考えていました。

その際に、僕がとった行動は次のとおり。

 

  • その①:中卒でIT転職した知人に話を聞く
  • その②:地元IT企業の経営者に話を聞く
  • その③:転職サイトを使い地元で転職先探し

 

結果、3社ほどの企業さんと面接させていただき、そのうち1社から内定通知を頂くことが出来ました。

 

このような背景があるため「中卒の転職」に関しては、割と詳しいと思います。

僕の専門はIT系分野ですが、本記事の内容はIT以外の分野でも応用が利くはず。

 

この記事では「僕の実体験+企業経営者の意見」をもとに、中卒に”おすすめの転職サイト3選”と”転職を成功させるコツ”について解説します。

 

「細かいことはいいから、おススメの転職サイトを早く教えて!」という方は、以下リンクからどうぞ。

》スキップ:中卒におすすめの転職サイト3選

 

中卒におすすめの転職サイト・転職エージェント3選

 

  • 中卒におすすめの定番転職サイト・転職エージェント

※すべて【無料】で登録・利用できます

 

結論を言えば、どの転職サイト・転職エージェントもそれほど大きな差はありません。

僕はすべてに登録していますが、どこも同じような仕事が流れてくるため、上記3つに登録しておけばOKです。

 

また、転職サイトを利用するなら、できるだけ複数のサービスを利用するのがおススメです。

 

 

大手の転職サイトを利用するのはNG

中卒の場合は、高卒・大卒の人が利用する大手の転職サイト・転職エージェントを利用するのはNGです

理由は簡単で、ほとんどの転職サイトは「高卒・大卒以上の人」をサービス対象としているため「中卒OK」の仕事が少ないから。

 

僕も実際に利用してみましたが、やはり中卒というだけで面接すらされませんでした….(泣)

 

仕事ができることと学歴があることは無関係ですが、同じスペックのAさん(学歴がある)とBさん(中卒)がいたら、Aさんを採用するのが自然な流れですよね。

 

中卒だからといって下手にでるのはNG

中卒だからといって、就職先や担当者に対して下手に出る必要はありません。

自分にとって「絶対に妥協できない条件」は、曲げるべきではないですよ。

 

  • あらかじめ決めておくべき条件(例)
  • 勤務日数
  • 福利厚生
  • 休日日数
  • 年間収入
  • 残業日数 etc…

 

本記事で紹介する転職サイト・転職エージェントを利用すると、あなた専任の「担当者」が転職をサポートしてくれます。

自分にとって曲げられない条件があるのなら、初めにそれを担当者に伝えることで、スムーズで快適な転職活動が出来るはずです。

 

中卒向けの転職サイト・転職エージェントの選び方

 

中卒が転職サイトを選ぶときには、「地域制限・年齢制限・職業制限」の3つのポイントに気をつける必要があります。

リクルートやマイナビなど、大手のサービスだからといって安心とは限りませんよ。

 

以後、3つのポイントごとに、最適な中卒向けの転職サイトを紹介します。

 

  • 中卒におススメの転職サイト【ポイント別】
  • その①:対象地域別|定番の転職サイト
  • その②:年齢制限別|定番の転職サイト
  • その③:職・仕事別|定番の転職サイト
  • 定番転職サイトの比較表|迷ったらコレ

 

その①:対象地域別|定番の転職サイト

※すべて【無料】で登録・利用できます

 

詳しくは後述しますが、「東京・千葉・神奈川・埼玉」にお住まいの方であれば、対象地域を気にする必要はありません。

どのサービスも、関東近郊には必ず対応していますので。

 

サービスの対象地域は必ずチェックしよう

転職サイトを利用するときは、自分の住んでいる場所が「サービス対象地域」なのかを、あらかじめ確認しておきましょう。

サービス対象地域外だと、いい仕事を見つけても採用されないことがほとんどですので。

 

なお、基本的に「東京・埼玉・千葉・神奈川」などの関東近郊にお住まいの方であれば、サービスの対象地域を気にする必要はありません。

 

それ以外の地域にお住まいの方は、先ほど紹介した中から、適切な転職サイトを選ぶと良きです。

 

その②:年齢制限別|定番の転職サイト

※すべて【無料】で登録・利用できます

 

多くの転職サイトは年齢制限を設けていて、ほとんどは「18歳~29歳のみ可」というのが現状です。

個人的には、年齢によって転職が不利になるとは思いませんが、確かに「30代で子持ち・未経験です」とかだと、会社として採用しずらい気持ちも分かります。

 

年齢が18歳未満、または30歳以上の方は、上記の転職サイトから年齢に合ったものへご登録をどうぞ。

 

その③:職種別|定番の転職サイト

※すべて【無料】で登録・利用できます

 

転職したい職種がすでに決まっている方は、専門の転職サイトに登録するのもアリ。

上記で紹介したサービスを利用すると、専任のアドバイザーが徹底支援してくれますので、初めての転職でも安心だと思います。

 

定番転職サイトの比較表|迷ったら○○を選ぼう

 

転職サイト地域制限年齢制限職種学歴
【第二新卒エージェントneo】 関東・関西18歳~29歳全般的中卒~
DYM就職全国18歳~35歳全般的中卒~
ハタラクティブ 関東・関西・中部・九州18歳~29歳全般的中卒~
【公式】第二新卒エージェントneo 関東18歳~29歳全般的中卒~
就職Shop関東・関西なし全般的中卒~
レバテックキャリア 関東・関西なしIT職中卒~

 

「結局どれを選べばいいねん!」と迷ったなら、とりあえず中卒向けの定番転職サイトに登録すればOKです。(以下参考)

 

無料登録は今すぐどうぞ。

 

  • 中卒におすすめの定番転職サイト・転職エージェント

 

よくある質問:中卒でも本当に転職できますか?

答えはYes、できますよ。

 

この記事を読んでいる方の多くは「就職・転職の本質は学歴だ!」と考えているかもですが、それは勘違いです。

就職・転職の本質は、あなたが自身が「企業に求められる人材か否か?」でして「学歴」はそのオマケ程度でしかないです。

 

学歴がないのであれば、それ以外の価値を身につけることで「企業が求める人材」になればOK。

 

その方法については、次の章で解説しますね。

 

中卒が転職活動の前に知っておくべきこと

 

転職活動を始める前に、知っておいてほしいことがあります。

「転職の本質」について。

 

結論からいうと、転職の本質は「企業が求める人材になること」です。

学歴があろうがなかろうが、その点は揺らぎません。

 

「企業が求める人材」とは?

これは、僕の知り合いのIT企業経営者がおっしゃっていたことですが、「企業が求める人材」にはいくつかの共通点があるそうです。

その共通点をおさえていれば、中卒であってもほぼ確実に採用すると。

 

今回は特別に、その「共通点」をご紹介しますね(秘密ですよ…)

 

  • 「企業が求める人材」の共通点
    • 即戦力である/スキルがある
    • コミュニケーションがとれる
    • 一人でも学習・努力を継続できる
    • 不得意なことでも我慢耐性がある

     

    どれも基本的なことですが、とても大事なことです。

    特に「即戦力の人」「我慢耐性のある人」は、現代の若者の中では、とても少ないように感じるのは僕だけでしょうか。

     

    企業側も、年間数百万円以上の人件費を割いてあなたを雇うわけですから、慎重になるのは当然です。

    「中卒で転職!」を目指すのなら、必ず上記4点を身に付けて、面接官にアピールしましょう。

    「私は、御社にとって必ず必要な存在です!」と。

     

    中卒が転職を成功させるコツは「不安の解消」

     

    転職を成功させるコツはたった1つ。

    「企業が中卒を雇うときの不安」を解消してあげることです。

     

    企業が中卒を雇うときの不安とは

    そもそも、多くの企業が「中卒採用不可」としているのは、一般的に「中卒=問題をかかえている」という印象が強いからでして、転職時にはその認識を解く必要があります。

     

    ●企業が中卒を雇うときの不安10選

    以下は、厚生労働省が中小企業経営者に行った調査結果をもとに、僕がグラフ化した画像です。

    》参考:厚生労働省 雇用の構造に関する実態調査(若年層雇用実態調査) 若年労働者の採用状況

     

    最も不安視されているのは「勤労意欲」、すなわち「働く気あるの?すぐ辞めちゃうんじゃないの?」といった不安です。

    この不安を解消するためには、具体的にどういった行動を取ればいいと思いますか?

     

    • 僕はこうしました
      • プログラミングを独学し、自作のWebサイト・サービスを作った(チャレンジ精神・職業意識)
      • ブログを開設し、IT系知識を中心に情報発信。毎日ブログを更新(ストレス耐性・継続力)
      • 募集要項にあった「優遇資格」を勉強し半年で取得した(勤労意欲・職業意識)

       

      僕がとった上記の行動は、結果的に大成功でした。

      3社の面接を受けた後、地元のWeb制作会社(1社)から内定をいただくことが出来ました。

       

      大事なのは「問題解決」の姿勢です

      今回における問題は「転職では学歴が重要だけど、僕には学歴がない!」という状況ですよね。

      ここで大事になのは「中卒にはどうせ無理だ…」と諦めるのではなく、「学歴なしで転職する方法は….」と考える、問題解決の姿勢です。

       

      転職しようかな→転職するためには学歴が重要だ→なぜ?→学歴があれば一定の努力耐性が証明できるから→努力耐性を学歴以外で証明することはできる?→できる→どうする?→ブログを毎日・・・・

       

      こんな感じで、複雑に絡み合う問題を一つずつ論理的に解きほぐすことが、「問題解決」の具体的な手順です。

      少し面倒かもですが、大切なことです。

       

      「問題を避ける=現状維持」ですよ

      まだ19歳の僕が言っても、説得力がないかもですが。

      問題が起こるたびに諦めて避けていては、一歩も前に進めないと思います。

       

      ただ今、あなたは、すでに行動できているんです。

      「中卒でも転職できるのか?」という自分の疑問を、この記事を読み進めることで積極的に解決しようとしているんです。

       

      これはもう、一歩を踏み出しているのと同義です。すごいです。

       

      今の調子で行動し続けよう

       

      今の自分が「行動」できていることに気づけたのなら、次はその行動を持続させましょう。

      そうすれば次第に、目の前の景色が変わっていきます。

       

      では、次にあなたがとるべき行動はなにか?

      まず今すぐできることは、転職サイト・転職エージェントの利用です。

       

      このあとページを閉じる前に、5分間だけ我慢して、スマホをポチポチしてください。

      実際の案件をみつつ、中卒でも転職できる事実を、あなた自身で実感してください。

       

      • 「明日でいいや~」→その明日は一生やってきませんよ
      • 「会社辞めてからでいいや」→収入ゼロの状態で仕事を探すのですか?
      • 「転職サイトってお金かかるんでしょ?」→完全無料で利用できます

       

      今行動しないと、「低収入・低スペック・将来への不安 etc…」などが、今後一生、続くことになりますよ。

      なんども言いますが、現実を変えたいなら「今すぐ行動」しましょう。

      いろいろ不安なことはありますが、「考えつつ行動」がベストです。

       

      転職サイト・転職エージェントへの登録は3分程度で終わりますので、是非この機会に行動してみましょう。

       

      • 中卒におすすめの定番転職サイト・転職エージェント

      ※すべて【無料】で登録・利用できます

       

      人気記事ITフリーランスが選ぶ「求人サイト」のおすすめ5選【在宅案件あり】

      人気記事【2020年版】現役フリーランスが実践する仕事の探し方5選【安定を実現した】