【2020年版】現役フリーランスが実践する仕事の探し方5選【安定を実現した】

 

フリーランスとして仕事したい人「フリーランスの仕事の探し方を知りたい。フリーランスは不安定だからできれば安定的な仕事がしたいし・・・。みんなは、どうやって仕事を探しているの?誰でもできるおススメの方法があれば教えてほしい!

 

こんな疑問に答えます。

 

本記事では現役フリーランスの僕が実践している「フリーランスの仕事の探し方」を解説します。

 

  • 本記事の内容
  • フリーランスの仕事の探し方5選
  • フリーランスが仕事を探す前にやるべきこと
  • フリーランスとして安定的に仕事を取る方法

 

この記事を書いている僕は、月収120万円の現役フリーランス。

ちょうど1年前は「月収5万円」でして、牛丼を並盛にするか大盛にするかで毎日悩んでました。

 

フリーランスは自由で素晴らしい働き方だと思いますが、「収入の不安定さ」への恐怖感がありますよね。実際僕もそうでした。

 

ただ、現在の僕は月7桁ほどを稼ぐフリーランス。一応、日常生活において「不安定さ」を感じることは無くなりました。牛丼も必ず大盛を食べています。

本記事のとおりに仕事を探せば、フリーランスの「不安定さ」も解消できるはず。

 

本記事を読み終えたあと、あなたの両手には月収120万フリーランス直伝の「ノウハウ」が残ります。

ぜひ、それを握りしめつつ、全力で行動してみてください。

 

半年あれば、人生は驚くほどに変わりますよ。

 

フリーランスの仕事の探し方【方法は5つある】

仕事を探す

 

フリーランスが仕事を探す主な方法は5つ。

 

  • 現役フリーランスの仕事の探し方5選
  • その①:クラウドソーシングで探す
  • その②:エージェントで探す
  • その③:知人の紹介で探す
  • その④:ブログ/SNSで探す
  • その⑤:直営業で探す

     

    事実として、フリーランスの約91%は上記5つの方法で仕事を探しています。

    (参考:一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会「フリーランス白書2019」)

     

    ではでは、初心者におすすめの方法から順に仕事の探し方を紹介しますね。

     

    その①:クラウドソーシングで探す

    初心者でも気軽に始められるのが「クラウドソーシング」です。

     

    ご存じの方が多いかもですが、ざっくり概要を説明しますね。

     

    ●クラウドソーシングとは?

    クラウドソーシングは、「仕事を依頼したい人」と「仕事を受注したい人」をマッチングさせるためのサービスです。

    厳密には違いますが、「バイトアプリ」と同じイメージ。

     

    「副業したい人」や「フリーランスの仕事を経験してみたい人」は、クラウドソーシングから始めるのがおすすめ。

     

    案件数が豊富ですし、低スキルの初心者フリーランスでも請け負える仕事がたくさんあるので、気軽に始められますよ。

    ※僕も最初はクラウドソーシングから始めました

     

    氷室ベイビー
    クラウドソーシングがおススメなのは分かったけど、実際にどのような仕事があるの?

    氷室きつね
    実際の案件募集画面を見てみよう!

     

    クラウドソーシングの案件画面

     

    例えば、ネット上の記事を書くWebライターの案件なら、「サッカーに関するブログ記事作成」のお仕事があるね。

     

     

    クラウドソーシングの案件画面

     

    その他にも、Webサイトの制作を手掛けるエンジニアの案件なら、「WordPressテーマのカスタマイズ」のお仕事なども。

     

     

    氷室ベイビー
    確かに、低スキルのフリーランスでも取り組めそうな案件だね!

    氷室ベイビー
    仕事の数もそれなりに多いんでしょ?

    氷室きつね
    そうだね!

    氷室きつね
    利用するサービスにもよりけりだけど、日本最大級のクラウドソーシング(クラウドワークス、ランサーズ)などを利用すれば、仕事の少なさに困ることは無いと思うよ。

     

     

    下記画像は、日本大手のクラウドソーシング「クラウドワークス」のお仕事検索画面です。

     

    クラウドソーシングの仕事募集画面

     

    画面左の「仕事カテゴリ」を見ればわかるとおり、「Web制作/エンジニア/Webライター/翻訳/動画制作 etc」という感じで、さまざまな仕事がありますよね。

     

    案件数合計も8,175件と、仕事量も豊富です。

     

    中には「メール文を読んだ感想をお聞かせください」といった仕事もあり、これなら初心者でもできそうですよね。

     

    「個人の力で稼ぐ」という体験をしたい方や、片手間で副業してお小遣いが欲しい方は、ぜひ利用してみてください。

     

    クラウドソーシングの無料登録は以下からどうぞ。

     

    • 定番のクラウドソーシング(全て無料)

     

     メリット  案件数が豊富。低スキルの初心者でも仕事がある。

    デメリット単価が低い。クライアントとのトラブルが生じやすい。

     

    その②:求人サイト/エージェントで探す

    続いては「求人サイト・エージェント」で仕事を探す方法。

    エージェントサイトでは主に「IT・エンジニア」系の案件が豊富に掲載されていて、フリーランスはその中から気に入った仕事に応募する感じです。

     

    フリーランスエージェントは、営業(仕事の獲得)の業務を全て代行してくれるので、「自分はエンジニアだから営業はちょっと…」という方にもおススメ。

     

    以下は、定番のエージェントサイト「Midworks(ミッドワークス)」のトップページです。

    自分のスキルや希望のポジション、新着案件などから仕事を探すことができます。

     

    フリーランスエージェントの仕事募集画面

     

    氷室ベイビー
    でもさ、エージェントを利用するってことは、企業で働くってことでしょ?

    氷室ベイビー
    そしたら「学歴」や「実務経験」が無い人は、なかなか採用されないんじゃない?

    氷室きつね
    僕も最初はそう思っていたけど、実は全然違うみたい。

     

    結論を言うと、しっかりとした「実績(ポートフォリオ)」を提示すれば簡単に採用していただけます。

     

    僕が初めて、エージェント経由で獲得した仕事は、東北大手ホテルチェーンのフロントエンド開発案件。

    最終学歴が中卒、実務未経験の僕でも採用され、しっかり仕事をこなせました。

     

    また、僕の知り合いのWebマーケ会社経営者によると、「スキル」と「実績(ポートフォリオ)」が充実していれば、就職経験や学歴に関係なく積極的に採用するそう。

     

    IT系のベンチャーは柔軟な発想が得意なので「半年勉強→スキル習得→ポートフォリオ作成→応募」という流れでチャレンジすれば、採用されます。

     

    騙されたと思って「スキル習得+ポートフォリオ作成+エージェント登録」を実践してみてください。

    ※騙されても、スキルとポートフォリオはあなたのものです。エージェント登録も無料なので、損失は無し。

     

    断言します、マジで人生変わりますよ。

     

    • 定番の無料求人/エージェントサイト

     

    登録や仕事獲得は全て【無料】でできますので、この機会にサクッとどうぞ。

    (登録は1分ほどで終わります)

     

    条件のいい案件(特にリモート案件)はとても人気でして、掲載後すぐに募集が締め切られます。

    よって「高単価で自由に働きたい!」といった方は、とりあえず3つすべてに登録して、より多くの案件に目を通すことをおススメします。

     

    ●ココだけの話

    ちなみに「ITプロパートナーズ」は、レシピサービスで有名なクックパッド社などと提携している大手のエージェントでして、僕のイチオシです。

    「週2日~」や「リモートOK」の良質案件の数は業界随一でして、自由な働き方を目指すフリーランスにはぴったりのサービスですよ。

    ※エンジニアだけじゃない|リモートで稼ぐIT系フリーランスの案件紹介【ITプロパートナーズ】

     

    上場企業のサービスも見ておこう

    また上記の他に、上場企業が提供する定番のフリーランスエージェント「ギークスジョブ」もおススメですよ。

     

     

    ギークスジョブの特徴は「登録者の7割がWeb系・スマホ系」という点でして、すなわち稼ぎやすいジャンルの案件が豊富です。

    「Web系で稼いでやる!」という気合のある方は、是非、上述した3サービスと合わせてご利用ください。

     

    フリーランスITエンジニアの案件・求人情報サイト【ギークスジョブ】WEBエントリー

     

    ●豆知識

    賢い人はすでにお気づきだと思いますが、フリーランスとして安定的に稼ぎたいなら「複数のエージェントに登録する」のがベストです。

    単価の高い案件や、リモートOKの人気案件はすぐに募集が締め切られるので、新着通知をオンにしつつ、複数サイトに登録していい案件を見逃さないようにしましょうね!

     

     

     メリット  スキルがあれば高単価で仕事ができる。案件数も豊富。

    デメリットある程度のスキルが必要。

     

    その③:知人の紹介で仕事を探す

    会社員の方は少しイメージしにくいかもですが、フリーランスをやっていると「知人からの依頼」が月1~2ペースで来たりします。

     

    多くのフリーランスは「知人の紹介」で仕事したことがあるはず。

     

    日本フリーランス協会の調査でも、「フリーランスの80.4%は、知人・友人から仕事を獲得している」ということが明らかになっています。

     

     

    (参考:一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会「フリーランス白書2019」)

     

    それと、SNSなどで発信活動を続けるとフリーランス系の仲間が増えてきます。

     

    僕も頻繁に連絡を受けますが、「ちょっと時間なくて厳しいからこの仕事やってくれない?」という話は往々にしてあるので、横のつながりを作っておくと仕事探しが少し楽になりますよ。

     

     メリット  自分から探さなくても仕事が回ってくることがある。

    デメリット仕事が回ってくるのは不定期であるため、収入は安定しない。

     

    その④:ブログ/SNSを利用して探す

    ブログやSNS経由で認知を増やし、仕事を獲得する方法です。

     

    • ブログを利用して仕事を探す方法
    1. 専門的なブログ記事を量産(3か月~6か月)
    2. 検索経由でアクセスを集める(6か月~12か月)
    3. 仕事受付フォームを設置
    4. サイトを訪れた企業・個人から連絡が来る
    5. 仕事獲得

     

    だた、自分のブログやSNSに人を集めることはそう簡単ではありません。

    SEOといったWebマーケティングの知識やスキル、目安500時間以上の作業量などが必要になるため、「今すぐ実践!」できるような探し方ではないです。

     

    SNSで直接企業に営業しても、フォロワー数が多くなければ相手にされないことがほとんど。フォロワー数を増やすには、いずれにしても時間がかかりますよね。

    ※ネット世界の常識「フォロワー数=信頼」

     

    ただ、一度軌道に乗れば、仕事が探しやすくなるのも事実です。

    SEOのコツをつかめば「寝てても人が集まる」状態になりますし、一度増えたフォロワーはそうそう消えません。

     

    「発信活動→仕事獲得」という流れを作るには、そこそこの時間と労力がかかりますが、いざ発信力をつけてしまえばこっちのもんです。

     

    最初の1年はエージェントを利用して生計を立て、2年目からブログ・SNSで仕事を獲得する。という流れがおススメ。

     

    ブログやSNSなどの発信活動は「早く始める」に越したことは無いです。

    エージェントの登録とともに、今すぐSNSアカウントを開設しましょう。

     

    • 定番の無料求人/エージェントサイト

     

     メリット  一度軌道に乗れば最強。

    デメリット軌道に乗るまでが大変。少なくとも半年の時間が必要。

     

    その⑤:自分で営業して探す

    最後は「自分で営業して探す」方法。

    ぶっちゃけ、最もハードルの高い仕事の探し方だと思います。

     

    とはいえ、やるべきことはシンプルでして

     

    • 同業の企業に「仕事ください」ってメールする

     

    これだけです。

     

    氷室ベイビー
    こんなにフランクでいいの?こんなんで仕事もらえる?

    氷室きつね
    いや、さすがにこんなフランクじゃだめ(笑)

    氷室きつね
    ただ、しっかりとした営業メールを送れば仕事がもらえるのは事実です。もちろん「スキル+実績」がある前提ですが。

    氷室ベイビー
    なるほどね。
    あとさ、「同業の企業」ってどういうこと?

    氷室きつね
    具体例を見れば分かると思う!

     

     

    実際に僕が行っている営業方法を紹介しますね。

     

    ●Webライターの案件を探す場合

    1. ライティングしたいジャンルを決める(仮想通貨など)
    2. そのジャンルのサイトをリスト化(目安:100社)
    3. 全サイトに営業メールを送信

     

    中~大規模のサイトであれば常に「Webライター」を募集しており、スキルと実績のあるフリーランスであれば、基本的に大歓迎です

     

    WebメディアのWebライター募集画面

    COINPOST(仮想通貨メディア)

     

    ●エンジニアの案件を探す場合

    1. Web制作会社をリスト化(目安:100社)
    2. 全ての会社に営業メールを送信

     

    Web制作会社は、「企業としては利益が小さすぎて受注できない案件」をたくさん抱えていることが多いです。

    フリーランスはそこを狙うと良きでして、企業としては小さくても、個人でその案件を受注できれば大きな収益増につながりますよ。

     

    5つほどの企業と取引できれば、それだけで月7桁に手が届きます。

    営業メールの7~8割はスルーされるので最初は少し萎えますが、100社くらい営業すれば10以上の企業から反応が来るはず。

     

    ※詳しい営業方法を知りたければ僕のツイッターへ連絡をどうぞ

    ※氷室きつねのTwitter(@himuro_fox

     

     メリット  提携できれば定期的に仕事が来る。割と単価が高い。

    デメリット手間がかかる。営業は割とめんどい。

     

    まとめ:未経験フリーランスが稼ぐ「5つの手順」を紹介

    未経験フリーランスが稼ぐために、おススメの手順は以下のとおり。

       

      • 未経験フリーランスが稼ぐ「5つの手順」
      • 手順1:エージェントに登録
      • 手順2:必要なスキルを把握
      • 手順3:必要なスキルを習得
      • 手順4:クラウドソーシングで経験を積む
      • 手順5:実績ができたらエージェントを利用

       

      結論として、まずはエージェントに登録しましょう。

      登録すると以下のような「案件詳細」を確認できるので、そこに記載してある「必須スキル」を重点的に学習する感じです。

       

      フリーランスエージェントの案件画面

       

      フリーランスは「雇われる側」なので、「雇う側」が欲するスキルだけを身に付けた方が効率が良いですよね。

       

      定番のエージェント【無料登録】は以下からどうぞ。1~3分で終わります。

       

      • 定番の無料求人/エージェントサイト

       

      副業としてフリーランス案件を探したい方へ【週2~案件あり】

      上述したエージェントサイトは「独立フリーランス向け」のサイトでして、副業フリーランスには適していません。

       

      よってここからは、副業フリーランスにおすすめのエージェントサイトを3つ紹介します。

      どれも「週2~」「月1~」の案件がゴロゴロ転がってるサイトですので、ぜひ利用してみてください。

       

       

      無料登録は1~3分で終わります。

      単価の高い案件などは、すぐに募集終了することが多いので、エージェントに登録したあとは「新着案件通知」をオンにしておくことをおススメします。

       

      フリーランスが安定的に仕事を取る方法【3つある】

      フリーランスが仕事を引き寄せる方法

       

      • フリーランスが安定的に仕事を取る方法
      • その①:収入源を分散化する
      • その②:継続案件を獲得する
      • その③:営業パートナーと組む

           

          また上記には含まれていませんが、「既クライアントの案件に全力を尽くす」のはフリーランスの基本ですので、お忘れなきよう。

          後述する方法を実践しても、クライアントからの信頼を得られなければ「安定」は実現しません。

           

          その①:収入源を分散化する

          フリーランスとして仕事をするなら「収入源の分散化」を常に意識すべき。

          理由はシンプルで、特定の収入源に固執すると、いざその収入源がつぶれた際に「共倒れ」するリスクがあるからです。

           

          ●フリーランスが共倒れする例

          1. 企業Aの1社のみと取引を開始
          2. 企業Aの業績が悪化
          3. 企業Aに外注予算が無くなり、フリーランスを雇えなくなる
          4. フリーランスは、次の仕事が見つかるまで収入0

           

          「企業の業績なんて、そこまで悪くならないでしょ(笑)」と思うかもですが、上記は割と多いケースです。

          僕も2回ほど経験がありまして、すでに収入を分散化していたので乗り切れました。

           

          氷室ベイビー
          フリーランスで収入0って、怖っ💦

          氷室ベイビー
          じゃあさ、具体的にどうやって「収入源の分散化」をすればいいの?

          氷室きつね
          方法は主に2つあります。
          • フリーランスが収益源を分散化する方法
          • 複数の職業を平行して手掛ける
          • 複数のクライアントを獲得する

           

          最強なのは「複数の職業で、複数のクライアントを獲得する」でして、僕はこれを実践しています。

           

          少しイメージしずらいかもなので、具体例を紹介しますね。

           

          ●収益源の分散化例(僕の場合)

          • 職業①:Webライター⇒クライアント数は5社
          • 職業②:Web制作⇒クライアント数は3社
          • 職業③:Webマーケコンサル⇒クライアント数は1社

          ※クライアント数=継続案件をいただける会社の数

           

          こんな感じでクライアント+職業を分散すると、かなり収益が安定します。

           

          事実として、2019年9月以降、僕の月収は6か月連続で7桁を下回っていないので、間違いないはず。

           

          現状ある程度稼げていても、いつそのクライアントが潰れるかは予想できません。

          常に新規クライアントの獲得を意識しつつ、収入源の分散化を怠らないようにしましょうね。

           

          その②:継続案件を獲得する

          実は、フリーランスの仕事の半分以上は「既クライアントからの継続受注」でして、毎月営業を頑張っているわけではないんです。

           

          (参考:一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会「フリーランス白書2019」)

           

          氷室ベイビー
          じゃあ、どれくらいの頻度で営業してるの?

          氷室きつね
          あまり意識していないけど、平均だと「3か月に1回」くらいかな。

           

          そして、継続案件を獲得するためにやるべきことは「既クライアントの仕事に全力で取り組む」だけでして、シンプルですが真理です。

           

          ポイントは「既クライアントの満足度を高めること」でして、こうすることで徐々に「信頼関係」が構築されます。

          また、既クライアントの評判は口コミ的に広がり、新クライアントの獲得にもつながります。

          圧倒的な好循環ですね。

           

          逆に、継続案件を受けたいフリーランスが「絶対にやってはいけないこと」が以下です。

             

            • 【注意】絶対やってはいけないこと
            • 雑な仕事をする
            • 連絡が遅れる
            • 納期を守らない

             

            これらの行為は、クライアントからの信頼を失う大きな要因になりますので、絶対に避けましょう。

             

            その③:営業パートナーと組む

            フリーランスが営業パートナーを見つけられると、仕事探しが圧倒的にイージー化します。

             

            ●営業パートナーとは?

            営業パートナーとは、自分の代わりに営業活動を行ってくれる人のことです。

            営業パートナーを持つことで、フリーランスは「案件をこなすこと」だけに集中できるため、余計な作業・思考に邪魔されることが無くなります。

             

            仕事はパートナーが見つけてくる。

            自分は目の前の仕事だけをこなしていればいいのですから、こんなに嬉しいことは無いですよね。

             

            氷室ベイビー
            でもさ、営業パートナーなんてそう簡単に見つからないでしょ?

            氷室きつね
            いえいえ、簡単に見つかりますよ。
            「営業パートナー」というと大げさですが、要は「仕事を紹介してくれる人」を増やせばいいんです。

             

            例えば、あなたの知り合いに「Web制作会社の社員」がいたとしたら、彼に「紹介料を支払うから余ってる案件紹介してくれない?」とお願いすればOK。

            紹介料は「売り上げの10%」くらいが目安です。

             

            Web制作会社には、「単価が低すぎて会社としては請け負えない案件」があったりするので、そこを狙うと良き。

             

            僕は「顔が広い知人」を片っ端から営業パートナーにしており、「2か月に一回」のペースで仕事相談の連絡がきます。

            今の時代、SNS上でも簡単に関係性を気づけるので、オンライン上でパートナーを探すのもアリですね。

             

            フリーランスが仕事を探す前にやるべきこと【3つある】

            フリーランスの準備

             

            フリーランスが仕事を探す前に「これだけは絶対にやっておいた方がいい」ことを3つ紹介します。

            実体験に基づいた情報ですので、ぜひ参考にしてください。

             

            • フリーランスが仕事を探す前にやるべきこと
            • その①:必須スキルの習得
            • その②:SNS/ブログでの情報発信
            • その③:ポートフォリオの作成

             

            その①:必須スキルの習得

            フリーランスは「即戦力」であることが前提条件です。

            一般的な会社のように、「仕事をするうちに成長する」なんてことを期待するのはNG。

             

            クライアントにとっては「よりよい商品を納品してもらう」ことが全てでして、あなたの成長なんて1mmも興味なしです。

             

            氷室ベイビー
            確かに。。。
            じゃあ、具体的にどんなスキルを身に付ければいいの?

            氷室きつね
            必要なスキルは職業によって違うので、結論としては「自分で調べろ」です。

            氷室ベイビー
            ・・・・・・・

            氷室きつね
            ただ、それだけだとちょっと寂しいので、いくつか具体例を紹介しますね💦

             

            ●Web系エンジニアの場合

            • HTML/CSS/PHP/JavaScript/JQuery/MySQOL
            • Boot Strap
            • MAMP
            • WordPress開発

             

            ※すみません、宣伝です※

            只今、プログラミングの独学手順についてまとめた記事を無料公開しています。

            本記事を読み終わったあとお時間があれば、ぜひこの機会に、本記事とあわあせてご覧ください。

            》参考:【警告】プログラミングの独学手順とその危険性【スクールに通うべき?】

            ※宣伝終わり※

             

            ●Webライターの場合

            • タイピング
            • SEO
            • Webマーケティング
            • WordPress

             

            こんな感じ。

            その他、必要なスキルが何かわからないという方は、以下3つの方法で調べると良きです。

             

            • 必須スキルの探し方
            • 先輩フリーランスに聞く(SNSなどを利用)
            • 「○○○(職種)スキル」で検索する
            • エージェントに登録→案件詳細から「必要なスキル」を確認

             

            その②:SNSやブログでの情報発信

            SNSのフォロワー数やブログでの情報発信は、クライアントからの「信用」につながります。

            フリーランスは基本的に「社会的信用」が0なので、まず信頼/信用を貯めるところからが始まりです。

             

            しかし、テキトーに情報発信をするのはNG。

            以下3つのポイントを意識しましょう。

             

            • 情報発信する際のポイント
            • 専門的な情報を発信する(プログラミング情報など)
            • 無益な情報発信はしない(愚痴、ランチ報告など)
            • 自分の価値観もチラ見せする

             

            せっかく情報発信をしているのにそのほとんどが「今日のランチはオムライスでした~」といった感じだと、信頼にはつながりませんよね。

            自分の得意ジャンル(1~3個)にしぼって、専門的に情報発信していきましょう。

             

            また、情報発信していく中で、自分の価値観や考え方をチラ見せするとクライアントからの信頼度がアップします。

             

            あなたがクライアントの立場なら、相手の「人間性」を把握できていた方がお付き合いしやすいですよね。それと同じです。

             

            ぜひ、お試しあれ。

             

            その③:ポートフォリオの作成

            いわゆる「ポートフォリオ」を作りましょう。

             

            ●ポートフォリオとは?

            ポートフォリオとは「過去の成果物」をまとめた「作品集」のようなものです。

            主に、フリーランスが仕事を探す際、自分の実績やスキルを証明するために使用されます。

             

            フリーランスが仕事を獲得するために最も重要なのが「ポートフォリオ」だと思います。

            実際、月120万稼いでいる僕は「学歴→中卒、職歴→なし」という感じですが、ポートフォリオを見せつつ営業することでたくさんの仕事を獲得できています。

             

            おそらくですが、「ポートフォリオ無しの営業」はクライアントから相手にされませんので、仕事を探す前に用意しておくと良きですよ。

             

            ●ごめんなさい

            詳しいポートフォリオの作り方は、また別途記事にします。

            ※詳しいポートフォリオ作成方法を知りたければ僕のツイッターへ連絡をどうぞ

            ※氷室きつねのTwitter(@himuro_fox

             

            フリーランスの仕事の探し方【きっと大半は行動しない】

            フリーランスの仕事の探し方まとめ

             

            各々の事情はあるかもですが、フリーランスとして稼ぎたいなら「覚悟」を決めましょう。

            圧倒的に行動し「自分で景色を変えていく」覚悟を。

             

            人生を変えたいならリスクを取ろう

            ●よくある考え

            誰だって、人は変化を嫌うものです。だって、めんどくさいじゃないですか。

            現状に満足していなくても、行動するのは面倒だから、また同じ毎日を繰り返す。

             

            厳しいことを言うようですが、そんな日常を続けていても「満足できない現実」が続くだけですよ。

            一生、自分の輝く道は見つけられません。

             

            あなたは今、何かを変えたいと思っているからこそ、この記事をここまで読んだはず。

            せっかく行動したのに、新たな道を歩むチャンスがあるのに、このまままページを閉じてその可能性を潰すのは、すごくもったいない気がしませんか?

             

            「行動」はすごく面倒なことです。失敗することだってある。

            ただ、あなたの人生を変えるには、そのリスクを取り、積極的に変化する必要があります。

             

            僕がそうだったように、行動することでかならず人生は変わります。

             

            今、ほんの少しでもモチベーションがあるのであれば、1歩でいいから踏み出しましょう。

            そこから徐々に景色が変わり、6か月後には、収入面でも精神面でも、必ず大きな変化が起きてるはずです。

             

            さぁ、人生大逆転の始まりです。

             

            • 定番の無料求人/エージェントサイト
            • Web・スマホ系案件多数のフリーランスエージェント

            上場企業が運営する、安心の定番求人/エージェントサイトギークスジョブ