【Mixhost】独自ドメインとWordPressを常時SSL化する手順を図解します

 

氷室ベイビー
話に聞いたんだけど、ブログをやるなら「SSL化」をした方がいいんだよね?

氷室きつね
そうそう。

SSL化したWebサイトはセキュリティが高くなって、サイトの信頼度も向上するよ。

氷室ベイビー
うぉっ!すごい!

じゃあ、SSL化する具体的な方法を教えてよ!

 

本記事では、「ブログをSSL化する方法」についてわかりやすく解説します。

 

  • SSL化ってそもそも何?
  • 常時SSL化とどう違うの?
  • ブログをSSL化する手順を押してほしい!

 

このような疑問に答えます。

 

あまり知られていませんが、「SSL化」はSEO対策として非常に重要な要素です。

詳しくは後述しますが、SSL化を行っているサイトとそうでないサイトでは、検索順位に大きな差が出ることになります。

 

「ブログで稼ぎたい!」と考えている方は、必ず行うようにしましょうね。

 

※注意※

本記事は、Mixhostサーバー利用者向けに「SSL化の手順」を解説した記事になります。

お手数ですが、お名前.comサーバーをご利用の方は、下記の記事を参考にしてください。

》参考:【お名前.com】SSLの設定方法と種類を解説|初心者は無料SSLでOK

 

【Mixhost】そもそもSSL化とは?

 

SSL化を行うと、利用者の個人情報が保護されるため、サイトの信頼度が向上します。

 

そもそもSSL(https)とは?

Secure Sockets Layer(以後SSL)とは、ブラウザとサーバー間を行き交う情報を暗号化し、データの盗聴・改ざんを防ぐことのできる技術です。

 

SSL化に対応しているサイトのURLは [ https:// ] と表記されるため、[ SSL=https ] という認識が強い。

 

参考:GlobalSign.

 

逆に言えば、SSL化されていないWebページを利用すると、以下のような情報が、悪意ある第三者に盗み見られる可能性があります。

     

    • コメントした内容
    • 閲覧したページ・動画
    • クレジットカード番号
    • 各種パスワードやアドレス

     

    参考:アディカ

     

    そのため現在では、ショッピングサイトなどはもちろん、個人情報入力を必要としないブログでも、SSL化することが基本となっています。

     

    【Mixhost】独自ドメインをSSL化する方法

     

    Mixhostサーバーを利用しているブログをSSL化する手順は以下のとおり。

     

    • その①:独自ドメインをSSL化する
    • その②:WordPressをSSL化する
    • その③:独自ドメインを常時SSL化する

     

    その①:独自ドメインをSSL化する

    独自ドメインは、以下の順でSSL化されていきます。

     

    1. ドメイン登録・ネームサーバーの変更
    2. MixhostがSSL証明書を発行
    3. SSL設定の反映を待つ
    4. SSL化の確認

     

    また、「ドメイン登録・ネームサーバーの変更をしていないよ~」という方は、下記の記事を参考にドメイン登録・サーバー変更を行ってください。

     

    》参考:【Mixhost】ドメイン設定+WordPressのインストール方法を解説【小学生OK】

     

    ですので、ぶっちゃけサイト運営者がやるべきことはほとんどありません。

     

    「4. SSL化の確認」は、自サイトのURLを [ http://○○○.○○ ] から [ https://○○○.○○ ] に書き換えることで確認できます。

     

    書き換えた後も、しっかりとページが表示されていればOK。

     

    SSL化対応の完了です。

     

    その②:WordPressをSSL化する

    続いてはWordPressをSSL化していきます。

    ※その①の作業が完了していることが前提

     

     

     

    まずはWordPressの管理画面にログインし、画面左側の「設定」欄から「一般」をクリックします。

     

     

     

    すると「WordPressアドレス(URL)」と「サイトアドレス(URL)」が表示されるので、それらを「https://」から始まるアドレスに書き換えてください。

     

    ※注意※

    書き換えるのは「http://」の部分だけです。

    くれぐれも、独自ドメイン部分を変更しないよう、気を付けてください。

     

    最後に、画面一番下の「設定を保存」をクリックすれば完了です。

     

    その③:独自ドメインを常時SSL化する

    続いて、独自ドメインを「常時SSL化」していきます。

     

    SSL化と常時SSL化の違いは、「サイト全体をSSL化しているか否か」です。

     

    【SSL化しただけの場合】

    仮に自サイトが [ http:// ○○] の形でアクセスされると、SSL非対応のままサイトが表示されてしまう。

    【常時SSL化した場合】

    自サイトがSSL非対応URLでアクセスされても、 [ https://〇〇 ] の形でサイトを表示することができる。

     

    常時SSL化する手順

    常時SSL化には、「Really Simple SSL」という、Mixhost推奨WPプラグインを利用します。

     

     

     

    まずは、先ほど同様、WordPressの管理画面にログインし、「プラグイン」から「新規追加」をクリックします。

     

     

     

    キーワード欄に「Really Simple SSL」と入力し、当該プラグインをインストールします。

     

     

     

    インストールが完了し次第、「有効化」をクリック。

     

     

     

    上記画面が表示され、「はい、SSLを有効化します。」をクリックすれば完了です。

     

    【Mixhost】独自ドメインをSSL化する方法【まとめ】

     

    以上、「Mixhostで独自ドメインを常時SSL化する方法」でした。

     

    本記事では、「常時SSL化するにはプラグインが必要」と説明しましたが、実は「.htaccessを編集する」という方法もあります。

    がしかし、これはサーバーのデータファイルをいじくることになるので、初心者には少しハード。

     

    プラグインを利用する方が、おススメです。

     

    SSL化を完了したら「URLの正規化」を行おう

    本文中では語りませんでしたが、SEOやセキュリティ強化に関連するURLの設定は「SSL設定」だけではありません。

     

    特に、専門用語で「URL正規化」とよばれる作業を行うと、SEOの検索順位にも大きな影響を与えるケースもあります。

     

    ●検索順位に好影響|URL正規化の効果事例

    下記画像は僕のケースですが、URL正規化の2日後には検索順位が全般的に上昇しました。

     

    URLの正規化について、詳しい仕組みと設定方法については以下の記事にて学べます。

    ぜひ、参考にしてみてください。

     

    》参考:【初心者ok】URLを正規化する3つの方法|htaccessを利用して簡単に解決

     

    【ブログ初心者へ】やるべきことはまだまだあります

    WordPressブログを利用している方であれば、SSL化以外にもやるべきことがたくさんあります。

     

    必須プラグインの導入や、ASP登録は行いましたか?

     

    スマートなブログ運営を行う上で、必ずやるべき「初期設定」はまだ終わりじゃありませんよ。

     

    全ての手順は以下の記事にてわかりやすく解説していますので、この機会にサクッと終わらせちゃいましょう。

     

    》参考:WordPressブログの作り方を完全初心者向けに解説|ブログ費用や初期設定まで