【氷室きつね】18歳フリーランスの異色プロフィールを公開します

 

こんにちは。氷室きつねです。

 

本記事では、18歳フリーランス「氷室きつね」のプロフィールを紹介します。

 

月100万稼いでるみたいだけど、実際どんな仕事をしているの?

 

上記の疑問に答えます。

 

自己紹介(職業と学歴と基本理念)

  • 名前:氷室きつね
  • 年齢:18歳(2000年生まれ)
  • 学歴:高校中退
  • 職業:フリーランス(個人事業主)
  • 基本理念:「嫌なことはやらない」

 

詳しい経歴については、下記の記事にて紹介しています。

》参考:【自伝】18歳フリーランスの僕が「過去5年」を振り返る【人生は、楽しい】

 

僕の基本的なプロフィールは上記の通りです。

 

名前、年齢、学歴については見ての通り。

この章では、「職業」と「基本理念」について深掘りします。

 

僕の仕事内容については、【実体験】中卒の僕が月100万稼ぐまでにした仕事【学歴はゴミですよ】でも語っていますので、お時間がある方はぜひご覧ください。

 

職業:フリーランス(個人事業主)

僕の職業は、会社に属さず収益を得る「個人事業主(以後 フリーランスで統一)」です。

 

主な収益源は下記の5つ。

  • Webライター
  • Web系エンジニア
  • メディア運営
  • Twitter
  • 組織運営

Webライター

Webライターはその名の通り、Webメディア向けに記事を執筆・納品しその対価として報酬をもらう仕事です。

詳しくは後述しますが、僕が一番最初に始めたネット上のお仕事もWebライターでして、これに出会っていなければ今の僕はいないかもですね。

Webライターはネットビジネスの原点なので、僕にとっては特別な職業です。

 

僕のフォロワーさんの中には「副業としてWebライターを始めたい」という方も多いと思いますので、そんな方は以下の記事をご覧いただければと思います。

 

Webライターの始め方~稼ぎ方までを解説したので、お役に立てれば幸いです。

 

》参考:Webライターのための勉強大全|Webライター月収60万円の僕が解説

 

Web系エンジニア

Web系エンジニアも文字通り、Web系のサービスやWebサイトを制作するお仕事です。

とはいえ僕は、LP案件や個人ブログ・法人ブログの作成などを主戦場にしており、Web系のサービスを開発する業務はあまり経験がありません。

 

僕がエンジニアの仕事を始めた理由は、シンプルに「稼げるから」です。

仕事として好きなのは [ ライター>エンジニア ] なので、できればライターをやっていたいというのが本音。

 

ただ、「2019年10月までに月収100万円」という目標を達成するため、2019年7月現在はエンジニア業務に大量のリソースを割いています。

追記:無事、2019年7月~8月にかけて月収100万円を達成しました。

 

メディア運営

僕は2019年8月現在、以下4つのメディアを運営しています。

  • 個人ブログ(当ブログ)
  • 仮想通貨特化サイト
  • アダルトサイト
  • 特化サイト(ジャンルは秘密)

※ツイッター上でシェアしているのは、個人ブログのみです。

 

アダルトサイトと、ジャンル秘密の特化サイトはSEO集客を完全に捨てており、「SNSマーケでどこまで稼げるか?」を実験しています。

実験の成果は随時ツイッターで報告してるので、気になる方はフォローしていただけたら幸いです。(@himuro_fox

 

また、「ブログで稼ぐってどういうこと?」という方は、下記の記事が参考になるはずです。

 

》参考:【初心者卒業】ブログで稼ぐ仕組みを知ろう|月20万稼ぐ6つの仕組みをわかりやすく解説

 

組織運営

組織運営と聞くと格好が良いですが、単なる「フリーランス集団」の運営です。

Twitterでは、このことについてつぶやくことがほとんどないので、知らない方の方が多いはず。

 

ビジネスモデルは、簡易的に以下の感じです。

  1. フリーランスのメンバーを集める
  2. 僕の持っているクライアントに営業
  3. クライアントから仕事を獲得
  4. 獲得した仕事をメンバーに振り分け
  5. 僕は手数料形式で報酬を得る

 

もともとは「皆で協力して稼ごう」という理念の下立ち上げた組織でしたが、佐々木ゴウ先生(@goh_ssk)という方の「ライター組合」というビジネスモデルにヒントを頂き、手数料形式での運営に切り替えました。

現在は16人ほどのメンバーをマネジメントしつつ、「人を動かす修行」を積んでいます。

 

これを言うと必ず、「私もメンバーになりたいです」とのメッセ―ジが届くのですが、それは無理です。(ごめんなさい)

 

メンバーは全員、僕の知り合いで構成されている、いわゆる”オフライン”の組織です。

父がサラリーマンではなく「経営者」であることが1つの理由かもですが、僕の周りには「個人事業主・フリーランス」が割と多く。

メンバーの友達の友達にまで勧誘を掛けた結果、20人弱のフリーランスが集まりました。

 

いずれは、フリーランス集団のオンラインVer も立ち上げたいと考えていますが、「オンライン上のみでのマネジメント」が課題となり、二の足を踏んでいます。

今はマネジメントノウハウを確立すべく、数人をライターさんをクラウドソーシングで雇いつつ実験中です。

 

基本理念:嫌なことはやらない

僕の基本理念は「嫌なことはやらない」です。

 

「嫌なことはやらない」理由は、生産性が低くなるからでして。

シンプルに、好きなことをしている時と 嫌なことをしている時を比較すると、生産性が高いのは後者ですよね。

 

こういう主張に対しては、「嫌なことをやらずに生きていけるわけがない」という反論がありますが、その主張は50%正解で50%間違いです。

 

僕は「嫌なことは」はしませんが、「好きじゃないこと」は平気でします。

すなわち、「嫌なことはしない=好きな事しかしない」というわけではなく、「好きじゃなくてもやる必要があることなら、 ”嫌じゃなければ” やる」ということ。

 

確かに、「好きな事しかやらずに生きる」は不可能かもですが、「嫌じゃない事以外をして生きる」は可能だと考えており。

現に、今の僕がそれを体現しています。

 

【お願い】

  • ○○についてもっと掘り下げてほしい
  • きつねさんの○○について知りたい

などなど、追記してほしい項目があれば僕のツイッター、もしくは当ブログまでご連絡いただけますと幸いです。

本記事の品質改善にご協力お願いいたします。

 

 

人気記事【2020年版】現役フリーランスが実践する仕事の探し方5選【安定を実現した】