【副業するなら?】Webライターとブログを比較|稼ぐ手順も解説する

 

 

  • Webライターとブログ
  • 稼げるのはやっぱりブログ?
  • 両方同時に始めるのはあり?
  • 副業として始めるならどっち?
  • どっちでもいいから、早く月10万円稼ぎたい

 

こんな疑問に応えます。

 

●本記事の内容

  • Webライターとブログ|稼ぐならどっちか?
  • Webライターとブログ|どちらの方が稼げるのか?
  • Webライターとして独立する手順
  • Webライターもしくはブログで「稼ぐ手順」

 

僕は、Webライター開始から6か月程で月商45万円を達成し、今は主に以下3つの肩書きをもつ18歳の男です。
  • フリーランスライター
  • フリーランスエンジニア
  • ブロガー(メディア運営)
Webライターとしてもブロガーとしても、ある程度の収益を出せているので、この記事では「経験者」としての解説・アドバイスを行っていきます。

 

「そもそもWebライターってそんな魅力的な副業じゃなくない?」と思う方は以下の記事をご覧ください。

副業としての「Webライターの魅力」が学べますよ。

》参考:【初心者】副業としてWebライターがおすすめな理由【10万円は稼げます】

 

【副業】Webライターとブログ、稼ぐならどっち?

 

先日こんなツイートをしました。

 

※即金性→仕事を始めてから初収益が上がるまでの期間の短さ

 

結論は「まずはライターを始めてください」です。

 

ぶっちゃけ、副業を始めようとしている各々の前提条件・環境が異なるので、どちらを選ぶのが正解なのかは一概に述べることができません。

 

ただ、以下の条件に当てはまっている人であれば、Webライターを選ぶのが正解でしょう。

 

  • 副業の経験がない
  • 独立を視野に副業したい
  • 安定的な収入がない
  • とにかくネットで稼いでみたい

 

ここからは、「Webライター」が正解である3つの理由を解説します。

 

その①:即金性が高い

Webライターとブログの即金性(目安)は以下の通り。

  • Webライター:数日~1週間
  • ブログ:2か月~5か月

 

上記の通り、Webライターとブログでは前者の方が圧倒的に即金性が高いです。

 

理由はシンプルに、ブログの基本的な収益モデルが”広告収入”だから。

広告収入を得るためには当該ブログに多くのPVを集めなければなりませんが、そのためにはより多くの記事(100記事~)をライティングする必要があります。

 

Webライターの場合、100記事ほどのライティングすれば少なくとも10万円以上の収益が発生しますが。

それに対しブログの場合、100記事ほどのライティングするまで収益0というわけです。

 

副業初心者にとって、100記事ライティングするまで収益0というのは、なかなかハードですよね。

 

その②:ライティングスキルが身につく

副業Webライターを一定期間続けると、確実にライティングスキルが身につきます。

 

どの程度のスキルが身につくかはお世話になるメディアさん次第ですが、個人的には「企業が運営している大手メディア」がおススメです。

理由は以下の通り。

  • 実績がある
  • 信頼できる
  • マニュアルが完備されている
  • SEO対策などがしっかりしている

 

重要なのは最後の2つ。

 

企業が運営しているメディアの多くは、記事のクオリティを一定に保つための「マニュアル」を用意しています。

 

通常、マニュアルにはライティングスキルの基本や、SEO・文字装飾等の、今後自分でメディアを運営する際に応用できる知識も詰まっています。

 

少しイメージしにくいかもですが、感覚的には「コンビニバイトのマニュアル」と同じです。

 

そのコンビニ内だけのルールや特殊な機械の使い方に関する説明もあれば、接客の基本や言葉遣いなど、今後自分の店を開く際に応用できそうな知識もありますよね。

 

ただ記事を執筆するだけでなく、マニュアルの内容を徹底的に分析&実践することで、ライティングスキルは飛躍的に向上するはずです。

 

その③:月10万円稼ぐのに要する時間が短い

「月10万円稼ぐのに要する時間」で比較すると、圧倒的に Webライター<ブログ です。

 

月10万円の収益を上げるまでに要する時間の目安↓

  • Webライター:1か月程度
  • ブログ:6か月~1年(もしくはそれ以上)

 

①で話した内容と被りますが、ブログで収益を上げるのには少なくとも3か月かかり、月10万円稼ぐとなると半年~1年(もしくはそれ以上)の時間を要します。

 

対してWebライターの場合は、作業量さえ増やせば初月10万円の収益を挙げることが可能です。

 

大抵は、月に50記事程度の記事執筆をすると、ほぼ間違いなく10万円の収益は獲得できます。

【計算式】
105,000円(収益)=0.7(文字単価)×3000(文字数)×50(記事数)

 

Webライターの価格相場(単価)や報酬について、詳細は下記の記事にて学べます。

 

【完全初心者向け】Webライターの価格相場と単価アップのコツ

 

【副業】独立を視野にWebライターを始めたい方へ

 

また、独立を視野に副業を始めたい方は、以下の流れがおすすめ。

 

  1. 即金性の高いWebライターでサッと稼ぐ
  2. スパッと会社を辞める
  3. Webライターで収益を安定させつつ
  4. ブログを始める

 

長期的に見て収益率が良いのはWebライターではなくブログです。

 

ですので会社を辞めた後はWebライターをやりつつ自身のブログを育て、広告収入で月に数万~数十万の固定報酬を得る。という流れがおすすめです。

 

【副業】ブログから始めるメリットはある?

 

ここまでは「Webライターからはじめるべき」という話をしましたが、一方でブログから先に始めるメリットもいくつかあります。

 

一番大きなメリットとしては「ブログを実績として提示できる」点が挙げられます。

僕もライターを雇いつつメディア運営をしているのでわかりますが、「ブログを長期間、コンスタントに更新し続けている」というのはある程度の評価に値します。

 

具体的には、以下の感じです。

  • ブログをコンスタントに更新→継続可能性の評価
  • ブログを長期間更新し続けている→誠実さの評価

 

下記の記事でも解説している通り、Webライターは”継続”していることをアピールするだけで単価アップが可能です。

「そんな簡単じゃないだろ」と思うかもですが、事実です。

 

また、ブログ記事が良質であったり、SEOで上位をとっていたりすればそこも評価の対象になります。

ゆえに、すでにブログを始めている人は、Webライターとブログを両立するのも良手。

 

Webライターとブログの始め方

 

Webライターもブログも、稼ぐ手順は簡単です。

 

副業Webライターで稼ぐ手順

副業として、Webライターで稼ぐ具体的な手順は以下の記事にて解説しました。

 

前述した通り、「Webライターで月20万稼ぐ」はそれほど難しいことではありません。

 

「ライティングスキルの磨き方」や「単価交渉術」を、ぜひ、以下の記事にて学んでください。

 

》参考:Webライターのための勉強大全|Webライター月収60万円の僕が解説

 

副業ブログの始め方

ブログを始めるなら、WordPressというブログ作成ツールを利用すると便利です。

初心者でも1日あれば始められます。

 

「ブログで稼ぐってどういうこと?」という状態の方は、以下の記事が参考になります。

 

「ブログで稼ぐ仕組み」をわかりやすく学べます。

 

》参考:【初心者卒業】ブログで稼ぐ仕組みを知ろう|月20万稼ぐ6つの仕組みをわかりやすく解説

 

すでに稼ぎ方を心得ている方は、具体的なブログ作成手順を下記の記事にて学んでください。

 

僕がそうだったように、半年後には月20万円の不労所得を得られるかもですよ!

 

》参考:WordPressブログの作り方を完全解説【絶対に挫折しない】

 

Webライターとブログの両立がベスト

結論として、ベストはブログとWebライターの両立です。

広告収入を生み出すブログを育てつつ、即金性の高いWebライターで稼ぐというイメージ。

 

ただ、既にブログ運営をされている方であればわかるかもですが、「ブログとWebライターの両立」はそれなりに大変です。

単純に、作業量が倍になりますからね。

 

ゆえに会社員や学生さんなど、限られたリソース(時間)の中でお金を稼ぎたい方はまずどちらかに絞るのが良き。

 

両方やりたくなる気持ちもわかりますが、大事なのは「継続」です。

無理のない範囲で頑張りましょう。

 

最後に、この記事のまとめです。

 

●まとめ

  • 既にブログを始めている→Webライター&ブログ
  • ブログをはじめようと思っている→時間に余裕があれば両立、無ければWebライター
  • とりあえずどちらかを始めたい→安定収入があればブログ、無ければWebライター